ショッピングモールの歌姫 半崎美子さんの優しい歌声に涙

公開日: 

ショッピングモールの歌姫 半崎美子

“ショッピングモールの歌姫”として
最近, 大きな脚光を浴びている半崎美子さん。

イオンモールなどのショッピングモールで
ライブの開催を続けているシンガーソングライターです。

私が初めて半崎さんの存在を知ったのは
NHK朝のニュース「おはよう日本」でした。

ニュースの合間に突然流れてきた美しい歌声。
心の奥に染み渡るように響きわたる繊細な歌詞。
私の目と耳は画面に釘付けになりました。

その歌声を聴いたのはほんの数秒でしたが
私の心を完全に釘付けにしてしまったのです。

飾り気のない優しくて自然な歌声。
美しいメロディーと優しさに溢れた歌詞。
スッと私の心の中に入ってきました。

まるで自分のことを歌っていてくれているような
そんな優しさと親しみを感じました。

話はちょっと横道に逸れますが
私自身も歌が大好きで毎週カラオケに通っては
せっせと練習に励んでいます。

少しでも上手に歌いたくて
自分の歌声をICレコーダーに録音して
音程なども細かくチェックしています。

そうやって何度も練習を繰り返していると
自分の声に嘘やクセがあるとすぐわかります。

変にかっこつけたり
無理して上手に歌おうとすると
どうしても不自然な歌になってしまいます。

ありのままの自分の声で
ありのままの自分自身を表現する。

やっぱり歌はこれが一番なんだなと
最近,強く感じるようになりました。

そんな私ですから他の人の歌声を聴いても
それが本当にその人本来の声なのかどうかが
すぐにわかってしまいます。

そんな私をたったの数秒で虜にしたのが
半崎美子さんの歌声だったのです。

優しさにあふれた美しい歌声。
変なクセや嘘が全く感じられないその声が
ストレートに私の心に響いたのです。


<スポンサーリンク>




半崎美子さんの歌をユーチューブで聴いてみた

ニュースで耳にしたのはほんの数秒だったので
半崎さんの声をじっくりと聴いてみたいと思った私。
さっそくYoutubeで検索してみました。

フルバージョンでじっくり聴くその歌声。
ミュージックビデオの画像も本当に素敵で
私の心は穏やかに癒されました。

特に印象に残ったの曲は
「サクラ~卒業できなかった君へ~」
「種」「明日へ向かう人」あたりでしょうか。

どの曲も包み込まれるような優しさにあふれていて
聴いているうちに涙がにじんできました。

特に「明日へ向かう人」については
今朝のNHKニュースでも取り上げられたので
特に印象深く聴くことができました。

最愛の息子を交通事故で失った
母親の悲しみを受け止め励ますために
半崎さんが作った歌だそうです。


<スポンサーリンク>




半崎美子さんの曲は桑田佳祐さんも絶賛

9月14日のNHK朝のニュースによると
半崎さんの歌声は台湾でも大きな注目を
集めているとのこと。

そんな中,半崎さんは自身初の
海外ライブに挑むことになりました。
もちろん舞台はショッピングモールです。

台湾の人たちの前でも
いつも通りの日本語で歌う半崎さん。

多くの人たちが足を止めて
その歌声に聞きっていました。

そんな半崎さんの歌を聴くために
1時間かけて会場に駆けつけた夫婦がいます。

夫妻の娘さんは血液の病気のため
2年前にわずか8歳でこの世を去りました。

二人は今でも娘さんの死を受け入れることができず
娘さんの部屋はそのままにしてあるとのこと。

深い悲しみに暮れる中,
突然テレビから流れてきたのが
半崎さんの歌声でした。

♪ 前を向く それだけでも
つらいことが ときにはある ♪

♪それでも あなたは
進むことをあきらめないで♪

前を向けない自分に
そっと寄り沿ってくれる優しい言葉に
救われる思いがしたそうです。

二人はそんな思いを伝えたくて
半崎さんにメッセージを送りました。

「あなたの歌は私たちの心を温めてくれました。
いつかあなたの生の声を聴いてみたいと願っています。」

半崎さんは返信の中で
台湾でのライブの件を伝えました。

ショッピングモールでのライブが終わった後
半崎さんはこの夫妻を控室に呼びました。

母親の話を聞きながら大粒の涙を流し,
母親をギュッと強く抱きしめる半崎さん。

「私は初めて台湾にライブをしに来ましたが
あなたに会えただけで台湾に来た意味がありました。」

そんな半崎さんの涙をやさしく拭き取り
半崎さんを笑顔で見つめる母親の姿。

その二人の姿は本当に美しく
私も思わずもらい泣きしてしまいました。

あのサザンオールスターズの桑田佳祐さんが
半崎さんを絶賛する理由が心の底から納得できました。

人々の悩みや思いにそっと寄り添う半崎さんの歌。
今,国境を越えて人々を包み込んでいます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑