Supefly 活動休止明けの10周年記念コンサートに絶賛の声

公開日: 

Supefly 活動休止明けの10周年記念コンサート

今日は音楽がらみの話題です。
実は私, Superflyの大ファンなんです。
もちろんファンクラブにも入っています。

私が初めてSuperflyと出会ったのは
「ドクターX」のエンディングテーマです。

1stシーズンのエンディングに使われていた
Force という曲でした。

洋楽のロックを聴いているような
キレのあるリズムとパワフルなボーカル。

その素晴らしいサウンドにすっかり魅了された私。
アルバムやシングルを全て購入し,アリーナでのライブにも参戦。
熱狂的なファンになりました。

さて,そんなSuperflyですが
昨年の夏にボーカルの越智志帆さんが体調を崩し
最近まで活動休止が続いていました。

そのため今年は新曲の発表もなく
ファンにとっては寂しい1年となりました。

そんな心配を吹き飛ばしてくれたのが
デビュー10周年記念復活ライブのニュースです。

活動再開とデビュー10周年をかねた
一夜限り,一回限りの特別ライブの開催です。

絶対に見たいと思い,
ライブ参加の申し込みをしましたが
残念ながら抽選にもれてしまいました。

それでもやはり絶対に見たかったので
県内の映画館でリアルタイムで上映される
“ライブビューイング”を申し込みました。

こちらはめでたく当選!

ということで11月15日の夜に
自宅近くの映画館で上映されたライブビューイングを
た~~っぷりと楽しんできました。


<スポンサーリンク>




少し不安もあったライブビューイング

でも実はこのライブビューイング。
正直言って,少し不安な気持ちがありました。

というのもこの一ヶ月前に参戦した
BABYMETAL(ベビーメタル)のライブビューイングが
ちょっと期待ハズレだったからです。

会場はお台場ですべて立ち見席でした。
実際のアリーナみたいで臨場感はスゴかったのですが
とにかく音がうるさすぎました。

ベースやドラムの音が大きすぎて
メロディーやボーカルの声がよく聴こえません。

立ったまま跳んだりはねたりしながら
ひたすら騒いで90分が終わったという感じでした。
“ただうるさいだけ”というのが正直な感想です。

終わったあとは妙な疲労が残り,
その後の10日間は体調もすぐれませんでした。

それで今回のSuperflyです。
1年8カ月のブランクの後に開かれるライブですから
一曲一曲をじっくり聴きたい思っていました。

耳をつんざくような大音響ではなく
しっとりと落ち着いた雰囲気を楽しみたい。

立って騒ぎながら聞くのではなく
イスに座ったままゆったりと楽しみたい。
そう思いました。

それともう一つ心配だったのが
ボーカルの越智志帆さんのコンディションです。

1年半以上のブランクで声は出るのだろうか。
2時間以上のライブをこなせる体力はあるのだろうか。
そんな不安が心の中をよぎりました。


<スポンサーリンク>




ブランクを全く感じさせない見事な歌声

でも“愛をこめて花束を”のイントロが
場内に流れてきたそ瞬間,
そんな不安はすべて吹き飛びました。

耳をつんざくような大音響ではなく
程よく調整された心地よいサウンド。

まわりの観客は皆,静かに座ったままで
普通に映画を見ているような雰囲気です。

これぞまさしく私が望んでいた
ライブビューイングの雰囲気でした。

そして歌い始めた志帆ちゃんの声を聴いた瞬間,
目頭がジ~ンと熱くなりました。

「あぁ… ぜんぜん変わってない。
いや, 前よりむしろ良くなってるかも…」

ブランクを全く感じさせないその歌声は
以前にも増して伸びやかで艶めいていました。

1年8カ月の活動休止期間を経て
すっかり元気になった志帆ちゃんの姿。

見事に復活を遂げたその姿を見て
涙が次から次へと溢れてきました。

「ああ・・・ 良かった! 本当によかった!」
自分のことのように嬉しくなりました。

今回の会場はクラシックのホールなので
バックで演奏するのはフルオーケストラです。

オーケストラアレンジで聴く“愛こめ”は
迫力満点で最高でした!

その後はずっとバラードが続きました。
以前よりも繊細さを増した志帆ちゃんの歌声。

聴いていると涙が次から次へと溢れてきます。
ライブでこんなに泣いたのは初めてです。

まるで高級ホテルのディナーショーを見ているようで
本当にゆったりと優しい気持ちになれました。

ライブ会場の観客も座ったままで
しっとりとした雰囲気の中,第一幕が終わりました。


<スポンサーリンク>




完全復活そして紅白出場 本当におめでとう!

バラード中心の第一幕が終わると
ライブのメイキング映像が流れ始めました。

細かい点に至るまでスタッフと
入念に打合せをする志帆ちゃんの姿は
まさに“プロフェッショナル”という感じ。

その後,第二幕のスタートです。
セットリストがないので曲名は覚えていませんが
かなりバラエティに富んだ選曲でした。

新曲のBloomも初公開。
しっとりと歌い上げる壮大なバラードは
私の心に強い印象を与えてくれました。

再びメイキング映像が流れたあと
第三幕はこれぞSuperflyという感じの展開。

ドクターXの主題歌も披露され
会場はノリノリの雰囲気になりました。

そして最後は再び“愛をこめて花束を”。
会場のみんなが声を合わせて歌いました。

見事に復活をとげた志帆ちゃんの姿を
皆が心の底から祝福するかのような
素晴らしい歌声でした。

もちろん私も映画館の席で歌いました。
やっぱり“愛こめ”は最高です!

というわけであっと言う間の2時間が終了。
私にとっては4回目のライブツアー参戦ですが
今までの中で最高のライブでした。

いよいよ活動を再開したSuperfly。
2017紅白歌合戦への出場も決まりました。

これからまたどんな活躍を見せてくれるのか
ファンにとっては目の離せない2018年になりそうです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑