ノートPCの親指シフトキーボードとJISキーボードを交換

公開日: 

親指シフトキーボードとJISキーボードの交換

最近,あちこちでノートPC用の親指シフトキーボードが
単体で販売されているを見かけるようになりました。

最初はヤフオクだけかなと思ったのですが
探してみると楽天やアマゾンなどでも扱いがあります。
値段は6千円から1万円弱程度といったところ。

それで私が考えたのは
JISキーボードとの交換です。

キーの配置は全く違いますが
キーボード自体のサイズは全く同じなので
物理的には十分に交換可能です。

JISキーボードのノートPCをオークションで購入し
親指シフトキーボードと交換してみようと考えました。

親指シフトキーボード搭載のノートPCは
新品だと最低でも13万程度はします。

たまにオークションで中古品が出ますが
開始価格は数万円前後とこちらも高額です。

もともと出回っている数が少ないため
新品も中古もかなり高額になっています。

JISキーボードなら1~2万で買える機種が
親指シフトキーボードだとその数倍にもなります。

JISキーボード搭載PCを購入し
親指シフトキーボードを取り付ければ
かなり安くできるのではと考えました。

例えば私が今,使っている
親指シフトキーボードを搭載した
富士通のS761/D というノートPC。

約5年前に発売されたものですが
オークションでの取引価格は
7万~8万程度が相場です。

一方同じ機種のJISキーボード版は
1万~2万で取り引きされています。

同じ機種なのにキーボードが違うだけで
こんなも値段が違うのは納得できませんよね~。

一方,親指シフトキーボードの単品は
ヤフオクで6千円弱で販売されています。

JISキーボードのノートPCを購入し
親指シフトキーボードと交換すれば
3万円程度で親指マシンが完成します。

中古でも7~8万円はする親指ノートを
この価格で実現できるとしたら
大幅にお金を節約することができます。


<スポンサーリンク>




「パソコンクリニック」にキーボード交換を依頼

やることが決まったらさっそく行動開始です。
ヤフオクで富士通ノートPCのS761/Cを1万円で
親指シフトキーボードを6千円でゲットしました。

問題はキーボードの交換です。
キーボードの交換は“改造”ですので
富士通に依頼することはできません。

自分でやるのは不安が大きいので
専門の業者を探すことにしました。

あちこちググって調べてみましたが
最も安かったのが「パソコンクリニック」です。
PC DEPOT(PCデポ)系列の修理店です。

見積もりによると交換費用は3千円ちょっと。
他の修理店の見積もりは全て1万円以上だったので
か~なり安いと感じました。

幸い,家の近くのケーズデンキ内にあったので
すぐに持って行って交換を依頼しました。

昼間に出して夕方には出来上がり。
あまりの速さにビックリです。


<スポンサーリンク>




文字入力は完璧にできた!

さっそく家に持ち帰って動作を検証します。

まず日本語入力ユーティリティのJapanist2003をインストール。
次に親指シフト用のドライバをインストールしました。

これで文字がちゃんと入力できたら
わずか2万円の出費で親指マシンが完成です。

ワクワクしながらPCを再起動し
メモ帳を開いて文字を入力してみました。

すると…

「お! ちゃんと入力できてる!」

親指マシンとしてちゃんと動いています。
すべての文字と数字が正しく入力できました。

テキストの入力に関しては
全く問題ないことがわかりました。

「やったぁ~~! 2万円で親指マシンの完成だっ!」

普通に買ったら中古でも7~8万する親指マシンが
わずか2万円で実現できたのです!


<スポンサーリンク>




致命的なトラブルを発見

しかし喜んでいたのも束の間。
大きなトラブルを発見してしまいました。

なんと取消キーと矢印キーが
全く反応しないのです。

取消キーはESCキーで代用できますが
矢印キーが反応しないのは大きな問題です。

特にエクセルなどの表計算ソフトを使う場合
矢印キーが反応しないのは致命的です。

どのレベルの問題なのかを突き止めるため
BIOS設定画面で矢印キーが反応するかどうか
試してみることにしました。

F12キーを押しながらPCを再起動し
BIOS設定画面を表示させます。

ドキドキしながら
矢印キーを押してみたところ…

ガックリ il||li _| ̄|○ il||l

キーを押しても反応は全くなし。
バイオスのメニューも選択できません。

BIOSでも反応なしということは
ドライバのレベルで解決できる問題ではなく
キーボードコントローラーに原因がありそうです。

このキーボードコントローラというのは、
キーボードとCPU間のデータのやり取りを
制御するチップ(ハードウェア)のことです。

しかし最近では周辺チップの統合化が進んでいて
I/O Controller Hubなどのチップセットの一部として
内蔵されていることが多いそうです。

試しにマザーボードのドライバを
親指マシンで使っているドライバにしてみましたが
やはり取消キーと矢印キーは反応しませんでした。

結論

ということで私の結論はコレ。


親指シフトを搭載したノートPCには
専用のチップがマザーボードに内蔵されている。

JISキーボードを搭載したPCのマザーボードには
この専用チップが内蔵されていないため
取消キーと矢印キーが反応しない。

いろいろと試した結果,
私が到達した最終結論です。

「キーボードの交換で
リーズナブルな親指マシンができるのでは」

と,はかない期待を抱いた私ですが
残念ながらうまくいきませんでした。

今回のキーボード交換にあたり
「親指シフト JISキーボード交換」というキーワードで
ググってみましたが該当サイトは一つもありませんでした。

私と同じようなことを考えている人が
他にもいるのではないかと思い
今回,このような記事を書いた次第です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑