Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

七五三の親の服装は? 着物やワンピースの注意点など

公開日: 

七五三の親の服装は?

七五三の時に母親はどんな服装をすればいいのか
迷ってらっしゃるあなた。

このページではそんなあなたのために
納得のいく答えを提供できればと思います。

まず最初に押さえておきたいのは
そもそも七五三とは何かということです。

七五三の趣旨をひとことで表現すれば
次のようになります。

わが子の健やかな成長を願い,
神様にお願いする行事

「これからもわが子が元気にすくすくと成長し
りっぱな大人になれますように!」

と神様にお願いするのが七五三です。

神様の前に詣でるわけですから
それにふさわしい服装をするのが筋です。

「神前へのお参り」ということを考えれば
自然に答えは出ると思います。

それともう一つ大切なのは
主役はあくまでお子さんであるということ。

お子さんの服装をまずしっかり決め,
そのあとに親の服を決めるのが筋です。

七五三を迎えるにあたっては
それなりのお金がかかります。

神社にお納めする初穂料はもちろん,
服の購入やレンタル代,記念写真,お祝の食事等々,
すべて合わせると数万円以上になるでしょう。

子供にかかるお金だけでも
結構な額になるのだということを
しっかり押さえておきましょう。

こう考えていくと
親にかける出費はできるだけ減らして
お子さんのために回してあげるのがベターです。

以上の点を踏まえた上で
どんな服装にすればいいのか
具体的にアドバイスしたいと思います。


<スポンサーリンク>




七五三の親の服装 着物の場合

七五三の時に着物を着たいと考えている
お母さんも多いと思います。

大切なお子さんの晴れの日を
素敵な着物でお祝いできたら最高ですよね。

でも,いざ着物を着るとなれば
付随するアイテムも用意しなければなりません。

「着物だけ着ればいい」
というわけにはいかないのです。

着物にふさわしい髪型はもちろん,
草履, 巾着, 足袋, 扇子, 襦袢, 肌着など
全て揃えなければなりません。

しかも当日は美容院に行って
着付けや髪結いをしなければなりませんから
家を空けることにもなります。

それだけ時間もお金も手間もかかるので
家族の(特に夫の)協力が不可欠です。

それともう一つの問題は
「いきなり着物を着て子供の面倒を見られるか?」
という点です。

着物を着ると体の動きが制限されます。
思うように体を動かすことができないので
特に小さいお子さんがいると大変です。

普段から着物に慣れている人ならともかく
着物が初めての人だとかなり苦労します。

こうした点を考えていくと
七五三の日にお母さんが着物を着るというのは
かなり大変だということがわかります。

それでもあきらめきれないあなたに
オススメしたいのは着物のレンタルです。

特に便利なのがネットでのレンタル。
経験豊富なスタッフのアドバイスも受けられるので
着物が初めての人でも安心です。

特にイチオシなのがコチラです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

着物レンタル365

この「着物レンタル365」の一番の魅力は
“フルレンタル”というオールインワンパックです。

着物だけでなくバッグや足袋,扇子,襦袢など
必要なものがすべて揃っています。

着物を一着借りるだけで
こうしたさまざまな付属品をすべて無料で
レンタルすることができます。

専門のスタッフが電話やメールで
懇切丁寧にアドバイスしてくれるので
着物が初めての人でも安心です。

もちろん着付けや髪結いなどは
美容院でやってもらうことになりますが
必要なものが全て揃っているので安心。

着物の種類やサイズも豊富に揃っているので
借りたい着物が必ず見つかると思います。


<スポンサーリンク>




七五三の親の服装 ワンピースやスーツの場合

ワンピースやスーツを着る場合
意識して欲しいのが「格」という考え方です。

着物では特にこの「格」が重んじられます。
最も格が高いのが礼装・正装用の「留袖」です。
次に来るのが「訪問着」,次が「つけ下げ」です。

このように日本の着物は
どのようなシーンで着るかによって
3つの格が定められています。

七五三ではお子さんが主役ですから
最も格の高い服(正装・礼装用)を着用します。

お父さんやお母さんはその付き添いですから
お子さんより一つ格下の服を着るのが筋です。

あくまでお子さんの服を基準にして
それより格上にならないよう注意しましょう。

例えばお子さんが正装用の着物なら
お母さんはフォーマルスーツでもOKです。

慶事で黒フォーマルを着るのなら
コサージュや真珠のネックレスをつけるなどして
華やかな雰囲気を演出しましょう。

一方,お子さんが普通のワンピースやスーツの場合
お母さんがフォーマルスーツを着ると
お子さんより格上になってしまうのでNGです。

こういう場合は普通のスーツがオススメです。
ページュやピンク系の淡い色が無難でしょう。

さらに淡い色のスーツだと
前撮りの記念写真の収まりも良くなります。

華やかな服装に身を包んだお子さん
地味な色合いのお父さん,そして淡い色のお母さん。
こんな感じで色のバランスも良くなります。


<スポンサーリンク>




まとめ

さていかがでしたでしょうか。
最後に大切な点をもう一度確認しますね。

1) 子供の健やかな成長を神様にお願いするのが七五三である。
2) 主役はあくまで子供であり親はその付き添いに過ぎない

こうしたことを常に心に留めて
服装選びの基準にして頂ければと思います。

もちろん「七五三の時に親はこれを着るべきだ」
などという正解はありません。

大切なのはあなたの気持ちです。
必要以上に華美に着飾る必要はありません。

お子さまの健やかな成長を
神様にお願いするという気持ちを忘れず
当日の服装を決めてほしいと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑