舌炎が治らない, 痛い! 原因はビタミン不足やストレス

公開日: 

重症の口内炎(舌炎)を発症

こんにちは。
私自身の悲惨な舌炎経験をお話ししたいと思います。

ある日の夕方のこと,舌に違和感があり
鏡で見ると舌の左側がちょっと腫れていました。

私は食事中によく舌を噛むので
いつものことだろうと深く考えもせず
そのまま布団に入りました。

ところが翌朝,舌がしびれたような感じで
目が覚めました。

鏡で見ると,舌全体が白っぽく変色しています。
左側の腫れも大きくなっていました。

痛みもかなり強くて
思うようにしゃべれません。

水を飲んだだけでも舌に痛みが走り,
何も食べられない状態になってしまいました。

やがて舌の不調は首から上全体に広がり,
頭や肩までズキズキと痛んできました。

とても仕事ができる状態ではありません。
会社に電話をして休むことにしました。

普通の食事は全くできないので
コンビニでゼリー状のドリンクを買ってきました。
上に吸い込み口がついているものです。

フタを開けて吸おうとしたのですが
激しい痛みでそれすらできませんでした。

仕方がないので口の部分をハサミで切り,
中身をスプーンですくって食べました。

舌の上にゼリーが乗るたびに
しびれるような痛みを感じます。
ようやくの思いでぜんぶ飲み込みました。

食事をするのがこんなにつらいなんて
初めての経験です。


<スポンサーリンク>




舌炎がいっこうに治らない

翌日になっても症状は全く変わりませんでした。
いえ, それどころか前日よりひどくなった感じです。

鏡で見ると,舌の表面は白さを増し,
左側の腫れもさらに大きくなっていました。

しゃべれない, 飲めない, 食べられない…

こんなにつらい目に合うのは
生まれて初めてのことです。

結局,金曜日も仕事を休み
家で寝ているしかありませんでした。

舌を動かさずに安静にしている時は
痛みは全く感じません。

ところがちょっとでもしゃべったり
水や食べ物を口の中に含んだとたん
激しい痛みが舌全体を襲います。

私にできることと言ったら,
ただひたすら安静にしていることだけでした。

ネットで検索したところ
トラフルという口内炎の薬があると知り,
近くのマツキヨに買いにいきました。

 

トラフルには3つのタイプがあります。
内服薬と軟膏と貼り付けタイプの3つです。

舌に薬を塗るのは抵抗があったので
内服薬を買いました。1500円ぐらいしました。

さっそく飲んでみたのですが
効果はほとんど感じられませんでした。

次の日になっても症状はほとんど改善せず。
むなしく布団の上で寝ているだけでした。

食べられるものはゼリー状のフルーツジュースや
ヨーグルトなど柔らかいものだけ。

不思議なことに舌が痛いと
食欲がほとんどわいてきません。
そのため3日間で体重が2kgも落ちました。


<スポンサーリンク>




4日たってようやく回復の兆しが

症状がようやく好転しはじめたのは
4日後の午後になってからでした。

真っ白だった舌が少しずつ元に戻りはじめ
痛みも収まってきたのです。

急におなかがグ~~~ッとなり
久しぶりの空腹感を覚えました。

栄養不足でカラダはフラフラ。
冷蔵庫を開けるとぶどうパンがありました。

私はそのぶどうパンにオリーブオイルをつけて
むさぼるように食べ始めました。

「あぁ~~ おいしい! 最高っ!」

あのときのぶどうパンの美味しさを
私は生涯忘れることはないでしょう(笑)。

こうして水曜の夜から発症した口内炎(舌炎)は
4日後になってようやく回復の兆しを見せ始めたのです。

最初は軽く考えていた舌炎ですが
こんなにも苦労するとは夢にも思いませんでした。

普通にものを食べられることが
どんなに幸せなことかを改めて感じました。


<スポンサーリンク>




口内炎(舌炎)の原因は疲れやストレス

なぜ今回, こんなにも口内炎が
重症化してしまったのでしょうか。

一番の理由は疲れとストレスです。
今までの疲れがイッキに出たのでしょう。

実はこのことがあった数ヶ月前に
私の実の父が亡くなりました。

一人の人間が死ぬということは
ほんとうに大変なことです。

大切な人を失った悲しみはもちろんのこと
やるべきことが山のようにあります。

葬儀の準備や墓地の購入,
遺産相続,年金処理,不動産名義変更など
すべてが初めてで戸惑うことばかりでした。

人が死ぬとこんなにも大変なのかと
毎日があわただしく過ぎていきました。

そんな中,今度は母の入院です。
肺炎が悪化し,救急車で運ばれた母は,
一時は危篤状態にまで陥りました。

幸い 一命はとりとめたものの
その後,約2カ月間の入院生活が続いたため
私は何度も何度も病院へ足を運びました。

遺産の相続をめぐるトラブルなどもあり
ここ半年間,心休まる日はほとんどありませんでした。

最近になってようやく遺産相続の手続きや
不動産などの名義の書きかえがすべて終了し
ホッとしたことで気が緩んだのだと思います。

口内炎の症状が出たのは水曜ですが
今, 思い返してみると,その前にも前兆はありました。

日曜の朝あたりから頭がズ~ンと重く
口のまわりに吹き出物が出ていたからです。

今までの経験から考えても
こうした症状は疲れがたまった時に出やすく
自分でも不安を感じていました。

そんな中での口内炎の発症。
“そろそろ休め”というメッセージを
カラダが発してくれたのだと思います。

ようやく落ち着いてブログが書ける今,
健康であることの喜びを改めて感じています。

今回も口の周りの吹き出物が出た段階で
ビタミンを多く摂って早めに休むなどしていれば
症状はもっと軽くて済んだかもしれません。

自分のカラダが発するメッセージに敏感になること

これが今回の口内炎で学んだ大きな教訓です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑