爪のへこみやガタガタの原因と整え方 縦筋や横線を防ぐ方法

公開日: 

爪のへこみやガタガタの原因

今日は爪に関する話題をお届けします。
今やおしゃれのポイントとして欠かせない爪。

ネイルサロンなどネイル関連ビジネスは
年商2000億円を越えるほどの成長ぶりです。

しかも最近は男性専用のネイルサロンもあり
営業マンなどの人気を集めているそうです。

その一方で爪に関するトラブルも
あちこちで耳にするようになりました。

多くの人が抱えている爪の悩みには
次のようなものがあります。

・爪が割れやすくなった
・縦線や横線が入る
・巻爪や二枚爪になりやすい
・爪の色や形が悪い

実はこれらのトラブルには
ある共通した原因があります。
乾燥や水分不足です。

そのため空気が乾燥するこれからの季節は
特に爪のトラブルが多発する時期と言えます。

そんな爪のトラブルの解消法について
今日は考えてみたいと思います。

よくあるのが食器を洗っている時に
爪を傷めてしまうパターンです。

実はお湯で食器を洗うと
爪を傷めやすくなってしまうのです。

お湯だと手指の油分が溶けやすくなるため
結果的に爪を乾燥させてしまう恐れがあります。

そのためお湯で洗ったあとは
すぐに保湿クリームなどを手に塗って
乾燥を防ぐようにしましょう。

できればお湯ではなく水で洗うのがオススメですが
冬場で水が冷たい時はキッチン用のゴム手袋を使うなどして
お湯が指先にかからない工夫をしましょう。


<スポンサーリンク>




爪の整え方と爪切りの刃の形の関係

次が爪切りの方法です。
爪を切るタイミングを間違えると
割れやヒビなどのトラブルの原因となります。

爪を切るタイミングで
ベストなのは入浴後です。

爪は普段はとても固くて乾燥しています。
入浴後は爪が水分を吸収して柔らかくなっています。

そのためあまり力を入れなくても切りやすく
深爪などを防ぐことができるのです。

また爪を切るときの形も大切です。

ふつうは爪の両端を短く切って
先端部分が丸みを帯びた形になるように
切る人がほとんどだと思います。

でも実はこの切り方はNGなんです。
ポイントは爪の両端をあまり短くしないこと。

爪の両端を少し長めに残すことで
全体が長方形になるように切るのがポイント。

手足の骨は指先まで達していないため
骨のない部分を爪が力を支えています。

爪の両端を残して四角にすることで
指先を支える面積が増えます。

すると下からの力を受け止めやすくなり
指先の強度を高めることができるのです。

例えば家具などの重いものを動かすとき
手の指先は強くものをつかめるようになり
足はより強く踏ん張れるようになります。

四角く切るメリットは他にもあります。
両端を残すことで爪が食い込みにくくなるため
巻き爪を防止することができるのです。

また爪切りの刃の形も重要です。
つめ切りの刃には緩やかなカーブを描いた山形と
まっすぐな直線型の2つの種類があります。

それぞれのメリットとデメリットを
しっかり把握することがポイントです。

山形は先端が丸みを帯びていて
爪の形によくフィットしそうですが
実はここに大きな落とし穴があります。

爪の形というのは人によって微妙に違います。
四角い爪, 丸い爪, 細い爪, 太い爪などさまざまです。

山形だと長さや形の微調整が難しく
深爪のリスクもあります。

一方,直線型は刃の当たる部分が小さいので
一度に切ることのできる面積も狭くなります。

そのため切る場所を細かく調節できて
深爪のリスクも少なくなるというワケです。

一番のオススメはこの2つを
上手に使い分けることです。

最初は山形で大まかにカットし
最後の仕上げは直線型で微調整すれば
深爪のリスクを最小限に抑えることができます。


<スポンサーリンク>




爪の縦筋や横線の原因はタンパク質不足

ダイエットでサラダばかり食べていると
爪に縦筋が入ったりして凸凹になります。

その原因はタンパク質や脂質の不足です。
爪や皮膚は主にタンパク質からできています。

そのためタンパク質が不足すると
爪だけでなく髪やお肌のハリが失われるなど
体のあちこちにさまざまな影響が出ます。

でも摂取カロリーはできるだけ
少なめにしたいですよね~。

そこでオススメしたいのが
タンパク質を豊富に含む野菜です。

野菜でタンパク質を多く摂取できれば
肉や魚の量を減らすことができます。

そんな野菜の代表選手が
えだまめ,そらまめ,ブロッコリーです。

これらの野菜はスーパーの
冷凍食品のコーナーにたくさん置いてあります。

値段も安く長期保存が可能なので
ぜひ冷凍庫に常備しておきたい食材です。


<スポンサーリンク>




爪水虫にも注意

最近,急増しているのが爪水虫。
爪の中が水虫になってしまう病気です。

足の水虫を長期間放置しておくと
水虫菌が爪の中にまで入り込んでしまい
爪の中が水虫になってしまいます。

かゆみや痛みなどの症状がないため
自分が爪水虫だと気づかずに
放置している人も多いので注意が必要です。

爪水虫になると爪の先が
白くなったり粉っぽくなったりします。
悪化すると爪が黄色く変色し,分厚くなります。

いったん爪の中に入り込んだ水虫菌は
爪の奥深くに潜み続けるため
爪を切っても無くなることはありません。

そのため塗り薬だけで
治すことは難しいのです。

そこで必要なのが飲み薬です。
皮膚科のお医者さんに診断してもらい
適切な飲み薬を処方してもらいましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑