冷え症を治す方法 チェックリストでタイプ別の症状と対策を確認

公開日:  最終更新日:2017/12/06

冷え症チェックリストで冷えのタイプを診断

一口に「冷え症」といっても
冷える部位や冷え方の違いによって
いくつかのタイプがあります。

以下のチェックリストを参考に
どのタイプなのかを診断してみてください。

レベル1が冷え症の初期症状です。
レベルが上がるにつれて慢性化していきます。

レベル1 … 末端冷えタイプ

冷え症のもっとも軽いレベルです。
気温の低下で末端の血流が滞ってしまい
手足が冷えてしまいます。

□ 手や足の指先がいつも冷えている。
□ 爪の色が悪く爪が割れやすい。
□ 手のひらが白っぽい,または青白い
□ 痩せすぎ, または太りすぎ
□ 肉や魚(タンパク質)をあまり摂らない
□ 寝る直前までスマホやパソコンを見ている
□ 帰宅してもリラックスできない

レベル2 … 下半身冷えタイプ

末端冷えが進むとお腹や腰など
下半身全体に冷えが広がっていきます。

□ 胃腸の調子がいつもすぐれない
□ 夕方になると脚がむくむ
□ 夜中にトイレに起きることが多い
□ 寝付きが悪く熟睡できないことが多い
□ 生理が不順だったり生理痛がひどい

レベル3 … ほてり冷えタイプ

さらに冷えが進むと自律神経のバランスが崩れ
顔はほてるのに下半身が冷えるようになります。

□ 上半身や顔がほてりやすい
□ 首から上に汗をかくことが多い
□ 手や足の指先が冷えやすい
□ 手の平が青白い
□ 集中力がなくイライラしやすい

レベル4 … 全身冷えタイプ

自律神経のアンバランスが慢性化し
全身に冷えが広がった状態。

体重の増加やお肌のトラブルなど
さまざまな不調の原因となります。

□ 夏でもあまり汗をかかない
□ 体温がいつも低い(36度未満)
□ 朝, なかなか起きられない
□ 貧血気味ですぐに息切れしやすい
□ 胃腸の調子が悪く肩こりがある


<スポンサーリンク>




冷え症を治す方法 レベル別改善方法

末端冷えタイプ

末端冷え症を抱えている人の多くは
仕事や家事,育児などでかなりのストレスを
感じていることが多いようです。

そのため交感神経の働きが優勢になり
常に“頭に血がのぼった状態”になっています。

そのため手足の血流が悪くなり
指先がしんしんと冷えてしまいます。

そのためこのタイプに最も効果的なのは
食事や運動よりも心身のリラックスです。

好きな香りや感触で五感をリラックスさせ
頭に上った血液を末端に届けてあげましいう。

最も効果的なのは入浴です。
お気に入りの香りの入浴剤を入れたら
湯船にゆっくりと浸かりましょう。

湯船の中でグーパーを繰り返したり
足の指先や首の付け根(後頭部下の左右)を
マッサージすることで効果も倍増。

就寝1時間前に入浴することで
ベッドに入るころには体温も下がり始め
心地よい眠りにつくことができます。

食材でおすすめなのはショウガ。
そのまま食べたりショウガ湯にしたりして
積極的に摂取するようにしましょう。

下半身冷えタイプ

ぽっちゃりさんに意外と多いのが
おなかやお尻が冷えるという下半身冷え。

おなかやお尻には脂肪が多いのですが
そのため血管が少なく温度も低いのです。

デスクワークなどで同じ姿勢が長時間続くと
血行が滞って冷えの原因になることもあります。

すぐに気になる手足の冷えと違い
お腹やお尻の冷えは放置しがちです。

しかしそのままにしておくと
便秘や生理不順など婦人科系の病気を
引き起こす原因にもつながります。

こうした下半身を冷えへの対策として
最も効果的なのは血流の促進です。

例えば湯船の中に浸かる時には
お尻の下に手を入れて優しくマッサージ。
血流がよくなり温まり方もアップします。

また血液をサラサラにして
血行を促進するのも効果があります。

その役目を果してくれるのがカリウム。
カリウムは“ナトリウムポンプ”とも呼ばれ
血液中の余分な塩分や水分を排出します。

ニンジンやピーマン,トマトなど
緑黄色野菜に多く含まれています。

塩分の摂りすぎや冷たい飲み物を避けつつ
カリウムを積極的に摂取することで
水分の代謝が良くなりむくみも防げます。

歩くときには“早歩き”を心がけましょう。
ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれており
全身の血行を促進する働きがあります。

早歩きでふくらはぎの筋肉を鍛えれば
血行と代謝がアップし冷え対策につながります。

ほてり冷えタイプ

不規則な生活やストレスが続くと
交感神経の働きが過剰に優勢になるため
自律神経のバランスが崩れてきます。

交感神経が優勢になると
気持ちは高ぶっているのに血管が収縮し
全身の血流が滞ってきます。

その結果,顔や頭は熱いのに
体全体が冷えるという状態になるのです。

そのためまずは自律神経の働きを整え
心身のバランスを回復させるのがポイント。

早寝早起きの規則正しい生活を心がけ
生活のリズムを整えることから始めましょう。

そのポイントとなるのが
副交感神経の活動を優勢にすることです。

もっとも簡単にできるのが
腹式呼吸の深呼吸を繰り返すことです。

リラックスできるソファなどに腰かけて
3秒かけて鼻からゆっくり息を吸い
5秒かけて口からフ~~ッと息を吐き出します。

これを何度も繰り返すことで
副交感神経の活動が優勢になるため
気持ちがリラックスして落ち着きます。

また目の筋肉と神経を休めることで
副交感神経の活動を高めることができます。

パソコンやスマホなどで目を酷使すると
交感神経の方が優勢になってしまいます。

蒸しタオルや蒸気アイマスクなどで
目を心地よく温めることで副交感神経が
優勢に働きリラックスできます。

全身冷えタイプ

低血圧で貧血気味の人は
自律神経のバランスが狂いやすいため
全身冷えになることが多いです。

特に筋肉量が少なく食が細い人は
体を温めるための十分な熱を作れないため
全身が冷えやすくなります。

この状態だとエンジンがかかるまでに
かなり時間がかかるため作業効率も低下。
残業する日々が続くことになります。

その結果,帰宅が遅くなり疲れも蓄積。
朝起きるのがますますつらくなるという
悪循環に陥ってしまいます。

このレベルの冷え症になると
生活習慣そのものを改善することが
改善への最短距離となります。

その最も大きなポイントは朝です。
起きる前にベッドの中で大きく伸びをしたり
朝日をしっかり浴びることで体を目覚めさせましょう。

もちろん朝食をしっかり摂ることも大切。
特にはちみつレモネードやショウガ湯など
体温を上げる温かい飲み物が効果的。

さらに肩からお腹回りを温めることで
全身の血流が良くなり代謝もアップします。

お腹に厚めの腹巻を巻いたり
ハイウエストの深履きタイツを着用するなどして
お腹から下半身を冷やさないようにしましょう。

また仕事の合間には
脇の下を広げるように両肘を上げて
肩甲骨や肩全体をグルグル回します。

こうすることで全身の血流が良くなり
かなり体が温まってきます。

寝る1時間前にはぬるめの湯船に浸かり
心身を十分にリラックスさせましょう。

寝るころには体温が下がり始めるため
心地よい眠りにつくことができます。


<スポンサーリンク>




おわりに

以上,冷え症への対策について
タイプ別に詳しくご紹介しました。

お読みいただいておわかりのように
冷え症の原因は生活習慣にあることが多いため
単なる対症療法では根本的な効果は期待できません。

ダイエットを優先するあまり
偏った食生活をしていると体調も崩れがち。

生活リズムや食生活を整えながら
交感神経と副交感神経のバランスを保つことが
最も有効な対策となります。

その中でも一番のポイントは血行促進。
就寝1時間前の入浴や肩回りのストレッチなどで
全身の血流を良くすることが大切です。

自分の冷え症のレベルをしっかり認識し
効果的な対策を講じていきましょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑