インフルエンザの予防接種はいつから? 値段や間隔は?

公開日: 

インフルエンザの予防接種はいつから?

まもなくやってくる寒~い季節。
そろそろインフルエンザの予防接種を受けようと
考えている人も多いと思います。

「本格的な流行シーズンは12月から1月だから
まだ受けなくても大丈夫かな~?」

そんな疑問をお持ちのあなたのために
インフルエンザの予防接種をうける時期について
アドバイスしたいと思います。

結論からズバリ言ってしまえば
インフルエンザの予防接種を受けるのなら
11月中旬から下旬くらいがベストです。

その理由は2つあります。

一つめは接種の効果が出るまでには
約2週間程度かかるという点です。

インフルエンザの予防接種をしたからといって
すぐに効果が出るわけではありません。

予防接種というのは薬ではありません。
インフルエンザのウイルスを人為的に体に入れて
抵抗力を高めることがその目的です。

もちろん大量のウイルスが体に入ると
本当のインフルエンザにかかってしまいますから
症状が出ない程度の量にします。

体の中にウイルスが入ってくると
それをやっつけるための“抗体”というものが
私たちの体の中で作られます。

インフルエンザ撃退のために編成される
“特殊部隊”といったところでしょうか。

いったんこの抗体ができれば
次に同じウイルスが体に入ってきた時に
即座にやっつけることができます。

ただしこの特殊部隊が戦闘能力を高めるには
2週間程度の時間が必要なのです。

インフルエンザの流行は早い年だと
12月くらいから始まることもあります。

それに間に合わせるためにも
遅くとも11月下旬までには
接種を済ませておきたいものです。


<スポンサーリンク>




インフルエンザ予防接種の間隔や値段は?

11月中旬から下旬いをオススメする
もう一つの理由が接種効果の持続期間です。

予防接種で作られた抗体は
あくまで臨時の特殊部隊のようなものですから
敵の襲来がなければ部隊は解散します。

そのため予防接種の効果が持続するのは
5カ月~半年程度と考えてください。

インフルエンザの流行は春先まで続くこともあるため
最低でも4月までは効果を持続させたいですよね。

11月の中旬に接種を受ければ
その効果は翌年の4月まで持続します。

接種がこれより遅くなると抗体の形成も遅れ
インフルエンザの流行期と重なる可能性があります。

それに間に合わせるためには
遅くとも11月下旬までには接種を済ませ
万全の態勢で臨みたいところです。

また子供や高齢者は抗体を作る力が弱いため
インフルエンザ予防接種を2回受けることをお薦めします。
接種の間隔は1カ月程度あけましょう。


<スポンサーリンク>




インフルエンザ予防接種の値段は?

値段は医療機関によって異なりますが
4,000円前後という所が多いようです。

市町村によっては接種費用の一部を
助成してくれるところもあります。

また健康保険組合が提携している
医療機関などで予防接種を受けると
安くなる場合もあります。

このあたりはあなたのお住まいや
加入している健康保険によって異なりますので
事前にしっかり確認しておきましょう。

ちなみに私の妻は病院の事務をやっているので
家族割引が適用されて半額で受けることができます。

最後に接種を受けた後の注意事項を
ひとつだけ付け加えておきますね。

前述したように予防接種というのは
人為的にウイルスに感染させるものです。

そのため場合によっては接種後に
体調が悪くなることもあります。

少量とはいっても接種によって
ウイルスが体内に入るわけですから
軽い感染状態にあるわけです。

そのため接種を受けたあとは
すぐに帰らずに30分程度は病院にいて
様子を見ることをオススメします。

特に体調に変化がなければそのまま帰宅。
少し不具合を感じたら窓口に相談しましょう。

今年も大流行が予想されるインフルエンザ。
早めの対策でしっかり予防しましょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑