Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

チョコレートはいつから食べさせる? 赤ちゃんはNG?

公開日: 

チョコレートはいつから食べていいの?

岐阜県に住んでいる鈴木さんからの質問です。

「子供がもうすぐ3歳になるんですが
チョコレートはいつから食べさせていいのでしょうか。」

ちなみに鈴木さん自身はチョコレートが
大大大好きで毎日,食べているそうです。

子供にも食べさせいのですが
いつごろから食べさせたらいいのか
迷っているとのこと。

ということで今日は
チョコを食べさせる目安は何歳くらいなのか
その辺りを考えていきましょう。


<スポンサーリンク>




他の母親たちはどう考えているの?

試しにYahooの知恵袋をのぞいてみたところ
さまざまな回答が寄せられていました。
いくつかピックアップしてご紹介しますね。

・幼稚園に入るまでは食べさせたことはなかったです。
・上の子の時は3歳過ぎだったけど下の子は1歳から食べている。
・ウチは5歳くらいまでは与えない予定です。

・歯磨きが自分でちゃんとできるようになったら与えます。
・4歳の時にともだちの家で初めて食べました。
・下の子は上の子に比べて早かったです。

・ウチは3歳くらい。濃い味を早くに覚えると薄味を食べなくなる。
・うちは1歳半くらいの時には食べています。
・子供が欲しがるようになった時に与えればいいのです。

・ひとりめは3歳過ぎるまではチョコは避けてました。
・私の中でチョコは3歳以降にしようと決めています。
・食べ過ぎと歯磨きに注意すれば1歳からでもいいのでは?

・1歳半くらいから普通に食べさせてました。
・虫歯が気になるなら歯磨きをしっかりすればいいと思う。
・チョコレート厳禁はちょっと大袈裟すぎませんか?

さていかがでしょうか。
まさに「人それぞれ」って感じですよね~。

1歳から食べさせている人もけっこう多く,
一概に「●歳から」という定義付けは無理だと
知恵袋を読んでいて感じました。

ただ全体的な感じとしては
3歳あたりにラインを引いているお母さんが
多いのかなぁという印象を持ちました。


<スポンサーリンク>




一番の問題は虫歯と肥満

チョコレートに関して
あなたが一番心配されているのは
虫歯と肥満ではないかと思います。

実際,ほとんどのお子さんは
一度チョコレートを食べると大好きになります。

知恵袋にも「中毒みたいに欲しがる」という
声が寄せられていました。

ですのであげなくてすむのなら
できるだけ先のばしにするというのが
賢明な選択ではないかと思います。

でも上の子がチョコを食べていれば
下の子も必ず欲しがります。

そういう時に「ぜったいにダメ!」と言うのも
ちょっとかわいそうですよね~。

みんなが楽しそうに食べている中
下の子だけ食べられないなんて悲しすぎます。

それとよくあるのが
おじいちゃんやおばあちゃんが孫可愛さに
お菓子を与えてしまう場合です。

せっかくもらったお菓子を
「食べちゃダメ!」なんて言えませんよね。

こうして考えていくと
機械的に「3歳まではダメ!」と決めつけてしまうのは
かなり無理があるということがわかります。

ではいったいどうすればいいのでしょうか。


<スポンサーリンク>




3歳までの虫歯は親の責任

ある歯医者さんの話によると
「3歳までの虫歯は親の責任」とのこと。

お子さんにチョコを食べさせるかどうかは
この責任をあなたが果たせるかどうかに
かかっていると思います。

私自身の経験からも
子供が虫歯になるかどうかは
親の責任だと強く感じています。

個人的な話で恐縮ですが
私の妻は子供の歯磨きに関しては
ものすご~~~く厳しかったです。

子供がわめこうが泣き叫ぼうがお構いなく
両膝でグイッと強く押さえつけて磨いてました。

端から見るとほとんど“虐待”でした(笑)。
私は正直「そこまでしなくても…」と思いながら
その様子を何も言わずに見ていました。

でもその厳しい歯磨きがあったおかげで
息子が虫歯に悩むことはほとんどなく
健康的な食生活を送ることができました。

結果的に妻の超厳しい“虐待歯磨き”は
息子の健康維持に大きな役割を果たしたのです。

それと対照的なのが私自身です。

放任主義の母の元で育てられた私は
小さい頃からチョコレートばかり食べていました。

歯磨きもほとんどしなかったので
口の中は虫歯だらけ。ほ~んと悲惨でした。

やがて虫歯は前歯にまで広がり
ほとんどの歯が虫歯になっていました。

左右の奥歯には大きな穴があき
満足に噛めない状態にまで悪化していました。

それでも歯医者にも行かなかった私。
常にどこかの歯がしくしくと痛み
毎日,つらい日々を送っていました。

今でも覚えているのは
ある日,バナナチップスを食べていたとき
前歯がポロリと欠けてしまったことです。

あの時は本当にショックでした。

さすがに前歯がないのはみっともないので
20代半ばを過ぎてようやく歯の治療を始めた私。

私の歯を見た歯医者さんは
「よくここまで放っておきましたね。」
とビックリされていました。

「母がもうちょっと厳しくしてくれていたら
こんな思いもせずに済んだのになぁ」
と恨めしい気持ちも正直あります。

あなたのお子さんには
こんな思いは絶対にさせたくないですよね~。

大切なのは「何歳から云々」ではなく
親としてのあなたの覚悟がしっかりと
できているかどうかではないでしょうか。

お子さんも3歳を過ぎれば
大人の話もかなり理解できるようになります。

虫歯や肥満, 歯磨きなどについて
お子さんにもわかるような言葉で説明し
お互いに納得のいくやり方で進めていくこと。

これが最善の方法ではないかと思います。
最後にもう一度繰り返します。

3歳までの虫歯と肥満は親の責任

この言葉をしっかりと胸に留めて
チョコを食べさせるかどうかを決めてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑