年賀状に句読点を使わないのはなぜ? 書き方のマナーとその注意点

公開日: 

年賀状に句読点は使わない?

最近よく言われる年賀状のマナーに
「句読点は使わないこと」というものがあります。

実際, 印刷された市販の年賀状を見ると
確かに句読点は使われていません。

なぜ年賀状には
句読点を使わないのでしょうか。

年賀状というのは
新年を寿ぐ(ことほぐ)メッセージであり
おめでたいものです。

こうした儀礼的な文書に使われる文を
句読点で一文一文切ってしまうと
めでたいことに“切れ目”が入ってしまいます。

こうした切れ目は縁起がよくないとされ
句読点を使わない習慣が生まれたと言われています。

もともと句読点というものは
文章を読みやすくするために生まれました。

漢文が読めない人のために
返り点(レ点)や訓点(読む順番を表す数字)などの
記号をつけることがその発祥と言われています。

このように句読点をつける一番の目的は
「難しい文章を読みやすくする」というものでした。

しかし礼儀を重んじる挨拶上に句読点を使うと
「文章が苦手なあなたのために読みやすくしてあげましたよ」
という意味にもとられかねません。

そうした “上から目線”のメッセージを
相手に伝えていることにもなってしまうため
“慇懃無礼(いんぎんぶれい)”になります。

こうしたことから正式な文書には
句読点は使わないのが一般的な慣習です。

ですからビジネスからみの年賀状や
上司に出す年賀状などの場合は特に配慮が必要です。

ちなみに句読点を使わないのは
年賀状だけではありません。

年賀状など正式な挨拶状はもちろんのこと
卒業証書・感謝状・表彰状・会葬御礼などにも
句読点は一切使われていません。

たかが句読点ですがその背景には
こうした意味合いが込められていたのです。


<スポンサーリンク>




年賀状での句読点のマナー

前述したように句読点は
正式な文面では使わないのが慣習ですから
定型文には用いるべきではありません。

ここでいう「定型文」というのは
新年の挨拶のあとに添える文章です。

「昨年は大変お世話になりました」
「本年もよろしくお願い申し上げます」
などの文面がこれにあたります。

こうした定型文は正式な挨拶の一部なので
句読点をつけないのが一般的です。

それ以外の添え書きなどの部分については
それほど神経質になる必要はありません。

手書きのコメントを一言添える場合には
句読点を入れた方が読みやすくなります。

特に100字を越えるような長文の場合は
読みやすくするために句読点をつけるのがベター。

句読点のない正式な定型文と
句読点つきのカジュアルな一言コメント。

こうした文面を上手に使い分けることで
メリハリの効いた文面になります。


<スポンサーリンク>




年賀状の句読点 横書きの場合は?

句読点についてよくある質問が
「横書きの場合はどうすればいいのか?」
というものです。

縦書きならともかく横書きの場合は
句読点がないと違和感が強いと思います。

もともと日本語は“縦書き”でしたが
明治維新で西欧文化が入ってくるのに伴い
英語のように左から右へ書く文化が生まれました。

戦時中はこうした西洋化は嫌われ
右から左へ書くようになった時期もあります。

しかし戦後はそうした習慣も薄れ
左から右へと書くのが一般的になりました。

横書きの英語は一文一文をピリオドで切りますから
日本語もそれに準じるべきでしょう。

てずから基本的に横書きの場合は
句読点は入れた方がいいというのが
私個人の考えです。

特に最近はメールで年賀状を送る人も多く
横書きを用いる場面が増えてきました。

特にメールは現代のツールですから
句読点云々にこだわる必要はありません。

相手の読みやすさという点から考えれば
やはり句読点を打った方がいいと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑