Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

お年玉 袋の書き方や入れ方,折り方など 二つ折りや四つ折りはNG

公開日: 

お年玉の入れ方と折り方

このページではお年玉のポチ袋にお札を入れる場合の
折り方や入れ方,名前の書き方などの注意点をお伝えします。

お札は新札で

お年玉というのは新年の門出をお祝いし
子供たちの健やかな成長を願うためのものです。

言ってみれば一つの“御祝儀”ですから
使うお札は新札にしましょう。

その場になって新札を用意しようとしても
なかなか難しいと思います。

あらかじめ銀行などで新札に
両替しておくことをオススメします。

年末の銀行は非常に混み合いますので
12月中旬までには済ませておきましょう。

基本は三つ折り

折り方の基本は三つ折りです。
開いた時に表が見えるように折りましょう。

なぜ三つ折りなのかと言いますと
「七五三」という言葉にもあるように
三は縁起のいい数字と考えられているからです。

「折る」といってもカチカチに折るのではなく
折り目がつかないようにゆるやかに曲げる感じです。

お札の肖像が描かれている面を表にして
テーブルや机の上に置きます。

まず左から3分の1のところで折ります。
次に右から3分の1で折って重ねます。

ただし,目分量だけで3分の1の
折り目を見つけるのは難しいと思います。

あらかじめ定規などで測っておいて
目星をつけておくといいでしょう。

袋に入れるお札が複数枚ある時は
別々にせず重ねて折って入れるのが常識です。

硬貨は表を上,製造年月日を下に

また硬貨を入れる場合は
表(数字の書いてない方)を上にします。

硬貨の向きにも注意しましょう。
製造年月日が下になるように入れます。

ただし5円玉だけは注意が必要で
「5」と書いてある方が表になります。

ただ,お年玉の袋に5円玉を入れることは
ほとんどないかもしれませんね(笑)。


<スポンサーリンク>




お年玉の入れ方で二つ折りや四つ折りはNG

「二つ折りや四つ折りはどうなのか」
という質問がネット上のあちこちに見られますが
これはどうなのでしょうか。

前述したように「三」は縁起のいい数なので
三つ折りにすることには“縁起を担ぐ”という意味も
込められています。

一方「四」という数は「死」を連想させるため
縁起の良くない数と考えられています。

そのため二つ折りや四つ折りは
できるだけ避けた方が無難でしょう。

お年玉に入れる紙幣の枚数ですが
1・3・5という奇数が縁起がいい数ですので
それに合わせるのをオススメします。

年齢ごとの金額の相場ですが
次の公式にあてはめてみてください。

年齢÷ 2 × 1000円

例えば10歳なら 10÷2×1000=5,000円
15歳なら 15÷2×1000=7,500円となります。
1歳上がるごとに500円アップというワケです。


<スポンサーリンク>




お年玉の名前の書き方

最後は袋に名前を書くときのマナーです。
袋表の左上に相手の名前を書きます。

苗字を省いて「~くん」「~ちゃん」など
いつもの呼び名でも構いません。

袋裏の左下には自分の名前を書きましょう。
相手が小学校以下の小さいお子さんでしたら
「おじさんより」「おばあちゃんより」でも構いません。

筆ペンや濃い色のペンで
よく見えるようにしっかりと書きましょう。
(薄い色はお悔やみの時に使います)

袋に名前が書いてあることで
あとで親御さんがチェックしやすいという
メリットもあります。

特に親戚が多い家庭の場合は
誰にいくらもらったのかがわからなくなるので
名前だけでなく金額も書いておきましょう。

さていかがでしたでしょうか。
“たかがお年玉”ですが“されどお年玉”です。

折る時にはキッチリ折るのではなく
軽く曲げるようにというのがありましたが
これだとと袋が膨らみますよね~。

私も子供の頃に何度もお年玉をもらいましたが
袋が膨らんでいるとお金がたくさん入っているみたいで
とても嬉しかったのを覚えています。

しかもそのお札が新札だと
「大事に使わなきゃ!」という気持ちになり
感謝の気持ちもよりいっそうわいてきます。

相手が子供でもしっかりと礼儀を尽くし
お互いに気持ちのいい新年を迎えたいものですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑