Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

喪中ハガキが届いたら返事はいつまで? 文面はどうする?

公開日: 

喪中ハガキが届いたら

知人から突然,喪中ハガキが届いて驚き,
何かしなければならないと感じているあなた。

普通は何もする必要はないと言われてますが
それではあなたの気持ちもスッキリしませんよね。

お世話になったあの人だから
自分の気持ちもしっかり伝えておきたい。
そう考えるのはとても自然なことだと思います。

そこでこのページでは
喪中ハガキが届いた時の対応について
いくつか提案してみたいと思います。

具体的には次のような内容です。

・どのような対応が考えられるか。
・返事を出すとしたらいつまでにどんな形で出せば良いか。
・返事に書く内容(文面)はどのようなものにすべきか。

以下,こうした点について
具体的に解説していきたいと思います。

最初に確認すべきことは
“喪中ハガキ”というのは基本的には“詫び状”であり
“訃報”ではないということです。

大切な家族が亡くなったので
新年をお祝いする気持ちになれません。

そのため大変,申し訳ありませんが
新年のご挨拶は遠慮させていただきます。

こうした気持ちを伝えるのが喪中ハガキです。
あなたに何かの行動を催促しているわけではありません。

ですから喪中ハガキに対してどう対応するかは
故人に対するあなたの気持ち次第ということになります。

さて,その対応ですが
基本的には次の5つのパターンが考えられます。

1) お香典を持参して,お線香を上げ行く。
2) 「お悔やみ状」を添えて,お香典を送る。
3) 「お悔やみ状」だけを送る。
4) 年が開けてから「寒中見舞い」を出す。
5) 特に何もせず哀悼の気持ちで合掌する。

1が最も丁寧な対応で
順番が下がるにつれて軽くなります。

どのパターンを選ぶかは
亡くなった人とあなたとの関係が
どれだけ深かったかによります。


<スポンサーリンク>




喪中はがきの返事は寒中見舞いが一般的

あなたの状況にもよりますが
喪中ハガキに対する最も一般的な対応は
寒中見舞いではないかと思います。

ちなみに寒中見舞いの便りを出すのは
寒の入り(1月上旬)から立春(2月4日)までが基本。
この期間に先方に届くように送りましょう。

内容は亡くなった方へのお悔やみの言葉と
喪中ハガキを受け取った時の感想などを
簡潔にまとめればよいと思います。

特に難しいことを書く必要はありません。
以下のような内容でまとめましょう。

寒中見舞いの文例

寒中お見舞い申し上げます。

●●様 ご逝去とのことで言葉もございません。
ご家族,ご親族の悲しみはいかばかりかとご推察申し上げます。

さぞ,お力を落とされていることと存じますが
一日も早くその痛みが癒えますようお祈り申し上げます。

まだまだ寒い日が続きますが
お風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。


<スポンサーリンク>




まとめ

さていかがでしたでしょうか。

喪中ハガキが届いたからといって
「年賀状は出せない」と機械的に判断するのではなく
先方の気持ちを考えることが一番大切です。

大切な人を失って深い悲しみの淵にいる家族。
そんな家族の悲しみに寄り添いながら
あなたの気持ちを伝えることが大切です。

喪中ハガキへの対応について
ここまで深く考える人は少ないでしょう。

そんな中, わざわざこの記事を探して
最後までしっかり読んでくださったあなた。
本当に心の優しい方だと思います。

その細やかな気持ちは故人とその家族にも
必ず伝わると信じています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑