ほこりの原因とその取り方 決め手は柔軟剤!

公開日: 

ほこりの原因って何なの?

いつの間にか部屋にたまっていくホコリ。
ほ~~んと嫌ですよねっ!

ホコリの原因はいったい何なのでしょうか。
一口に“ほこり”といってもその中身はさまざまです。

ホコリを拡大して見てみると
赤・青・黄色・黒などさまざまな色の繊維が
複雑に絡み合っているのがわかります。

ホコリには髪の毛やティッシュ,フケ,
食べかす, 皮膚のかけら, あか, 土など
さまざまなものが含まれています。

「たかがホコリ!」と軽く考えている人も
多いと思いますが決して侮ってはいけません。

ウイルスがホコリに付着すると
部屋のあちこちにふわふわと移動するため
最悪の場合は感染症などを引き起こします。

またホコリのなかにはダニやそのフンもあり
アレルギーの原因になったりします。

その他にも花粉やカビなど
体に有害な物質がホコリに付着すると
さまざまなトラブルの原因になります。

毎日,小まめに掃除をしているつもりでも
いつの間にか部屋の隅の方にたまってしまうホコリ。

よくあるのが掃除が終わったあとで
部屋の中を改めて眺めるとまたホコリが…
というパターンです。

その原因の一つは掃除機の排気です。
掃除機から出る排気がホコリを巻き上げ
掃除が終わる頃に落ちてきます。

これを防ぐには掃除機をかける前に
床や棚などの拭き掃除をするのがポイントです。

最初に拭き掃除でホコリを取っておくことで
排気で舞い上がるホコリを減らすことができます。

ところがこの作業を丁寧にやっても
次の日,部屋を見るとまたホコリが床の上に…
というバターンが往々にして見られます。

一度キレイにした部屋なのに
なぜ翌日,ホコリがあったのでしょうか。
いったいどこからやってきたのでしょうか。

実はホコリは意外な所に潜んでいたのです。
これを知らないといくら丁寧に掃除をしても
次の日,部屋はまたホコリだらけ。

その秘密を次の章で解き明かしていきましょう。


<スポンサーリンク>




え? こんな場所がほこりの発生源だったの?

ほこりの効果的な取り方を考えるには
その出所をしっかり押さえるのがポイントです。

普通に考えればホコリの出所は
繊維の多いカーペットやソファーですよね?
でも実は意外な場所だったのです。

そもそもなぜホコリの繊維は
お互いに集まってしまうのでしょうか。

その一番の原因は静電気です。
冬場など乾燥シーズンにピッとくる
あのいや~な静電気です。

実はこの静電気には
物を引き寄せる働きがあります。

例えば下敷きをセーターなどの
ニットでこすると静電気が発生します。

この下敷きを頭の上にかざすと
髪の毛が静電気で引っ張られて立ちます。

こんなふうに静電気というのは
モノを引き寄せる働きがあるんですね。

ホコリもこれと同じです。
静電気が細かい繊維を引き寄せることで
大きなホコリになってしまうのです。

つまりホコリは静電気の多い場所に
どんどん集まる性質があります。

その力は予想以上に強く,
掃除機をちょっとかけたぐらいでは
カンタンには取れません。

ということは部屋のどの部分に
静電気が多く発生しているのかががわかれば
ホコリの発生源を突き止めることができますよね?

静電気の量を測定する機器で
家の中をあちこち調べてみたところ
意外な事実がわかりました。

実は部屋の中の静電気というのは
外から風が吹き込むだけで発生します。

風によって空気との摩擦が発生し
これが静電気を引き起こすのです。

では部屋の中で
風が最も強く当たる場所と言えば…?

もうおわかりですよね?
そう,ドアや壁などの垂直部分です。

つまりホコリの主な発生源は
なんと壁だったのです。

空気中を漂っているホコリは
壁に発生した静電気に吸いよせられて
少しずつ付着していきます。

そのホコリがたまると
今度は床に落ちていきます。

つまりいくら床をキレイにしても
壁から次々とホコリが落ち続けることで
ホコリが部屋の中で循環しているのです。

掃除をした後なのに
大量のホコリが床に落ちていたのは
こうしたことが原因だったのです。

床やテーブルなどの水平部分はキレイにしても
壁に掃除機をかける人はほとんどいないと思います。

部屋からホコリを完全にシャットアウトするには
壁をキレイにすることが大きなポイントなのです。


<スポンサーリンク>




ほこり対策の決め手は柔軟剤!

では,どうすれば壁の静電気を
減らすことができるのでしょうか。

実はちょっとした工夫をするだけで
壁の静電気をグ~ンと減らすことかできます。

その鍵を握っているのが
「界面活性剤」という物質です。

界面活性剤はプラスの電気を帯びているので
ホコリに含まれるマイナスの電気と中和して
静電気を抑えてくれます。

こうした界面活性剤をぞうきんに含ませて
壁を拭けば静電気を軽減することができるのです。

この界面活性剤を多く含んでいるのが
家庭用の柔軟剤です。

柔軟剤の裏をよく見ると
「静電気を軽減」「ホコリ・花粉の吸着抑制」
などの説明書きがあります。

この柔軟剤を含ませた雑巾で
壁を掃除すれば静電気対策はバッチリです。

やり方はと~ってもカンタン。
水を入れたバケツの中に柔軟剤を入れ,
そこにぞうきんを浸したあと乾かします。

この雑巾で定期的に壁を拭けば
静電気を防止できるというワケです。

服に柔軟剤を使う人は多いと思いますが
雑巾に使う人はほとんどいないでしょう。

こんなカンタンなことで
壁の静電気が防止できちゃうわけですから
明日からでもすぐに実践したいですよね~。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑