黄ばみの落とし方 「ためしてガッテン」の内容まとめ

公開日:  最終更新日:2017/11/05

黄ばみの落とし方 ためしてガッテン

洗ったばかりのシャツなのに
黄ばんでるのってほ~んと嫌ですよね。

毎日キレイに洗っているはずなのに
襟の部分はもちろん,袖口や脇の下など
気がつくといつの間にか黄ばんでいます。

漂白剤や液体洗剤を直接かけたりしても
なかなかキレイにならない黄ばみ。

「一晩つけ置きもして
しっかり洗ったのになんで~~!」
って感じですよね。

そんな黄ばみの解消法が
「ためしてガッテン」で紹介されました。

番組内容と私が調べたことを取り混ぜて
以下にご紹介したいと思います。

そもそも“黄ばみ”の原因とは
いったい何なのでしょうか。

その正体は“皮脂”です。
人間の皮膚から出る脂などの汚れです。

この皮脂汚れは想像以上にガンコで
洗剤で普通に洗っただけでは落ちません。

特に繊維の奥まで入り込んでしまった皮脂は
洗濯を数回繰り返したくらいでは落ちないのです。

それくらいガンコな皮脂汚れ。
どうすれば落とすことができるのでしょうか。


<スポンサーリンク>




黄ばみの原因は2つあった!

そこで注目したいのがプロの技。
洗濯のプロといえばクリーニング店です。

クリーニング店で使われているのは
実は水ではなく“きれいな油”です。

この油は“有機溶剤”というもので
これを使えばガンコな油汚れも
しっかり落とすことができます。

油で油汚れを落とすなんて
ちょっと不思議な感じがしますよね~。

クリーニング店から戻ってきたシャツは
ピシッとアイロンもかけられていて真っ白!
と~っても気持ちいいです。

でもここで再び問題が!

「クリーニングから戻ってきた時には真っ白だったのに
時間が経つといつの間にか黄ばんでた!」

こんな経験,あなたもあるのでは?

洗いたてはピカピカの真っ白なのに
時間が経つと黄ばんでくるというこの事実!

クリーニング店が手を抜いた?
いえいえ,そんなことはありません(笑)。

実はドライクリーニングだと
油分やすすなどはしっかり落とせますが
その他の汚れは残ってしまうのです。

つまりドライクリーニングでも
黄ばみの原因を完全に除去することはできない
というワケなんですね~。

こうした汚れが時間の経過と共に酸化し
黄ばみの原因となってしまうというワケです。

特にシャツに残っていた“ある成分”が
黄ばみの発生に大きく影響しています。

その原因となる“ある成分”とは
いったい何なのでしょうか。

その正体は酸化した”タンパク質“です。
平たく言えば皮膚などのアカです。

このタンパク質,水洗いでは落ちますが
ドライクリーニングでは落とすことができません。

このタンパク質が酸化することで
時間の経過と共に黄ばみが発生するのです。

このように黄ばみの原因は2つあります。

1) 油で溶ける汚れ(皮脂など)
2) 水で溶ける汚れ(アカなどのタンパク質)

ドライクリーニングだと油汚れは落ちますが
タンパク質を落とすことはできません。

反対に家で行う普通の洗濯だと
タンパク質を落とすことはできますが
油汚れを完全に落とすことは難しいのです。

う~~ん, 困っちゃいますよね~。
どっちもどっちって感じです。

黄ばみの原因を完全に取り除くには
いったいどうすればよいのでしょうか。


<スポンサーリンク>




ワイシャツ全体の黄ばみもこれで解消

実は答えはと~~ってもシンプル。
それぞれメリットとデメリットがあるのなら
2つ同時にやってしまえばよいのです!

ドライクリーニングに出したシャツを
家の洗濯機でもう一度洗えばよいのです。

ドライクリーニングで油汚れを落とし,
家庭での水洗いでタンパク質を落とす。
これで完璧です。

でもクリーニング店からもどってきたばかりの
ピシッとしたシャツを家でまた洗濯するなんて
ちょっともったいない感じもしますよね~。

だったら家で先に洗濯してから
クリーニングに出した方がいいと思いませんか?

でもこの順番が非常に大事で
先にクリーニングに出すことがポイントです。

その理由はタンパク質汚れにあります。
タンパク質の汚れは皮脂の下にあるんですね。

そのためドライクリーニングで
皮脂を先に落としておく必要があります。

そのあとで水洗いすることで
タンパク質を効果的に除去できるというわけです。

ドライクリーニング+水洗い。
この2つの方法を併用することで
3カ月間は黄ばみを防止することができます。

でも毎回毎回クリーニングと水洗いをするなんて
経済的にも時間的にも負担が大きいですよね。

そこで最後に家庭でもカンタンにできる
黄ばみ対策をご紹介したいと思います。

普通の洗剤 + 酸素系漂白剤 + 台所用洗剤

台所用洗剤は油汚れに強いので
ガンコな皮脂汚れもしっかり落とすことができます。

もちろん一般の洗濯洗剤にも
脂汚れを除去する成分は入っています。

しかし洗濯洗剤は泥汚れなども含めて
さまざまな汚れに対応するように作られています。
いわゆる万能選手です。

その一方で台所洗剤は
油汚れを落とすことに特化して作られています。
そのため皮脂汚れに対しても効果が大きいのです。

その具体的な方法ですが
次の3つをよく混ぜ合わせたものを
襟などにしっかり練り込むだけです。

・大さじ1杯の台所用洗剤
・大さじ半分の酸素系漂白剤
・大さじ2杯の水

これを襟などの黄ばんだ部分にかけ
歯ブラシなどで練り込んで1分間放置。
あとは普通に洗濯機で洗うだけでOK。

注意して頂きたいのは次の2点。

1) 作り置きすると効果が薄れる。
2) 密閉容器に保存すると破裂する恐れがある。

全体的に黄ばんでしまったものを洗うときは
さきほど作った混合物を2リットルのお湯で溶いて
そこに服を10分程度つけこみます。

その後はつけ込んだ液ごと洗濯槽に入れ
ふつう通りに洗濯を行いましょう。

酸素系漂白剤は粉末タイプがオススメ。
ただし粉末タイプはウールやシルク,金属繊維などには
使えませんので注意してください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑