Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

卵は太るの? 食べ過ぎは良くない?

公開日: 

卵は太るのか

「卵」というといかにも
カロリーが高そうな感じがしますよね。

確かに卵が使われている
クッキーやケーキなどのお菓子は
かなりの高カロリーです。

でも実際の卵1個あたりのカロリーは
わずか100kcal弱なのです。

ご飯1杯分のカロリーが250kcalですから
その半分以下ということになります。

仮に「たまごかけご飯」にしたとしても
ご飯1杯半分のカロリーしかないわけです。

ですから卵を一日に1~2個食べたからといって
すぐに太るということはありません。

卵に含まれる栄養を考えれば
毎日,1~2個を積極的に食べる方が
健康維持のためにもオススメです。

しかも卵の値段は1個20円前後。
この価格はここ数十年間ずっと変わりません。

値上げが当たり前の世の中で
これだけ安定した価格をキープしている卵は
まさに食品の優等生と言っていいでしょう。

毎日,何気なく食べている卵。
そんな卵の魅力について主に栄養面から
深く見つめていきましょう。


<スポンサーリンク>




卵は栄養の宝庫

卵は“完全栄養食”の一つで
さまざまな栄養がバランスよく含まれています。

どのような栄養がどれくらいあるのか
具体的に見ていきましょう。

タンパク質

卵の栄養の中で最も大切なのがタンパク質です。
良質なタンパク質が豊富に含まれています。

私たちの体に必要不可欠なのが
「必須アミノ酸」と呼ばれる成分です。

この必須アミノ酸は体内では合成されないため
食品から摂取しなければなりません。

こうした必須アミノ酸は8種類あるんですが
卵にはこれらがすべて含まれています。

もちろん牛乳や肉などにも
タンパク質は豊富に含まれていますが
卵のタンパク質はそれよりもずっと質がいいのです。

しかも卵は非常に安いですから
卵に勝る食品はないとさえ言えるのです。

さらに卵の消化時間は非常に早く
肉や魚の半分の時間で消化されます。

そのため栄養吸収率の点でも
卵は他の食品よりずっと優れています。

ミネラル・ビタミン

タンパク質だけではありません。
卵にはビタミンやミネラルなどの成分も
豊富に含まれています。

たとえば鉄分はほうれん草の2倍,
カルシウムは牛乳の1.5倍です。

美肌維持に欠かせないビタミンAは
バターとほぼ同じ量。

疲労回復に効果のあるビタミンB1は
納豆の2倍も含まれています。

唯一含まれていないのがビタミンC。
これだけは野菜や果物で補う必要があります。


<スポンサーリンク>




卵のコレステロールについて

前述したように卵は栄養の宝庫ですが
実はコレステロールもたくさん含まれています。

「コレステロール」と言えば
心筋梗塞や動脈硬化などのリスクを高める
危険な成分というイメージがありますよね。

そのためコレステロールを多く含む卵は
あまり食べない方がいいと言われてきました。

でも最近は状況が変わってきています。
厚生労働省が2015年に発表した報告書の中で
コレステロール摂取の目標量が廃止されたのです。

今までは危険視されてきたコレステロールが
なぜここに来て楽観視されるようになったのでしょうか。

コレステロールには善玉と悪玉の2種類があり
悪玉がさまざまな病気の原因になります。

しかしこの悪玉コレステロールのほとんどは
肝臓で作られることがわかってきたのです。

食事から摂取するコレステロールは約3割で
体内で合成されるコレステロールは約7割です。

しかもコレステロールを食事で多く摂ると
体内で合成されるコレステロール量は減少します。

そのため血中のコレステロール濃度は
常に一定の濃度に保たれているというわけです。

外部から摂取してもしなくても
コレステロールの量には大きな変化がないので
あまり神経質に考える必要はないというわけです。

さて話を卵に戻しましょう。
卵にはレシチンという脂質が含まれています。

レシチンは血中のコレステロール値を正常に保ち
血液をきれいにしてくれる働きがあります。

レシチンは油と水の両方になじむので
血管内のコレステロールや老廃物を溶かしこみ
血液の流れを良くしてくれるのです。

こうして考えていくと
卵に含まれるコレステロールについては
ほとんど気にする必要がないと言えるでしょう。


<スポンサーリンク>




卵かけご飯のおいしい食べ方

さて最後の章では卵かけご飯の
美味しい食べ方を伝授したいと思います。

ちょっとした工夫をするだけで
一味違った卵かけご飯を味わえますよ~!

まず絶対に外してはいけないのが
新鮮な卵, 炊きたてご飯, 上質な醤油,
この3つです。

ご飯茶碗に炊きたてご飯を盛りつけたら
卵がこぼれないように真ん中に凹みを作ります。

そこに溶いた卵を流し込んだら
ご飯とよく混ぜてサラサラと頂きましょう。

さらに美味しく食べたい人には
黄身だけを使うというのもオススメ。

ご飯に凹みを作ったら
そこに黄身だけをそっと落として
醤油を数滴垂らします。

ポイントはそのあとです。
そのままかき混ぜないで30秒ほど
じ~~っと待ちましょう。

こうすることでご飯の熱が黄身に伝わり
黄身の表面が少し固まります。

“半熟”とまではいきませんが
生とは一味違った舌触りが楽しめます。

さらに深い味わいを楽しみたい人は
溶いた卵の中にXO醤,ゴマ油・オイスターソースを
少量ずつ加えてみてください。

最後にもほぐした焼き海苔を入れれば
中華風の卵かけご飯を楽しめます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑