Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

牛乳の糖質はどれくらい? 飲み過ぎると太るの?

公開日: 

牛乳の糖質はどれくらい?

健康にいいと言われる牛乳ですが
その糖質やカロリーが気になりますよね。
いったいどれくらいなのでしょうか。

まずは糖質から見ていきましょう。
含有量は100gあたりおよそ5gが平均です。

5gというとかなり少ない感じですが
実際にはどれくらいの量なのかを知るため
他の飲料と比べてみましょう。

飲み物の栄養成分表示を見ると
エネルギー・たんぱく質・脂質・ナトリウム,
炭水化物の5つが表示されています。

「糖質」という項目はありませんが
この表示から糖分の量が分かるんです。

さきほどあげた5つの中にある
「炭水化物」の量をチェックすることで
含まれる糖質の量を知ることができます。

エネルギーのカロリー表示は
皆さん,すご~く気にされてると思うんですが
意外と見落としがちなのがこの炭水化物。

炭水化物は消化されて糖になりますので
「炭水化物の量=糖質の量」と考えましょう。

炭水化物というとお米やパンなどの
主食を思い浮かべる人も多いと思いますが
実は飲み物にも含まれているんです。

で,実際の量がどれくらいかと言いますと
普通の炭酸飲料やジュースには
100mlあたり10g前後の炭水化物が含まれています。

これだけだと「ふ~ん」って感じだと思いますが
普通のペットボトルって500mlですよね?

ということはペットボトル1本飲むと
10gの5倍,つまり50gもの糖質を摂ることになります。
スティックシュガーに換算すると約20本分です!

1本のペットボトルに
こんなに糖分が入っているなんて怖いですね~!

牛乳の糖質は100mlあたり5gですから
量としてはその半分ということになります。

ですから牛乳は他の飲料と比べて
糖質はかなり低いと言っていいでしょう。


<スポンサーリンク>




牛乳の糖質の特徴

牛乳の糖質の主な成分は乳糖です。
乳糖はヨーグルトやチーズ,乳酸菌飲料などの
乳製品に含まれています。

この乳糖は小腸から分泌される
ラクターゼという酵素で分解されます。

分解された乳糖は善玉菌のエサになるので
腸内環境を改善し小腸の働きを活性化します。

腸のぜんどう運動も促進するため
便秘やそれにともなう肌荒れを予防します。

赤ちゃんは母乳やミルクで育ちますから
このラクターゼの働きが活発です。

しかし成長と共に母乳やミルクの摂取量が減るため
ラクターゼの分泌も少なくなっていきます。

特に日本人は乳製品の摂取量が少ないため
ラクターゼの分泌はあまり活発ではありません。

一方,ヨーロッパやアメリカの人たちは
ふだんから乳製品を多く摂っているため
このラクターゼの分泌量が多いのです。

ラクターゼの分泌が少ないと
乳糖を十分に分解することができません。
そのため牛乳を飲んだあとお腹がゴロゴロします。

ううした症状をを「乳糖不耐症」といいます。
日本人の多くがこの乳糖不耐症だと言われいてます。

実は私もこの乳糖不耐症の一人で
牛乳を飲んだあとは必ずといっていいほど
お腹がゴロゴロいい始めます。

最初は「冷たいのが良くないのかも」と思って
温めて飲むようにしましたが,それでもゴロゴロします。

いったいどうしてなんだろうと
ず~~っと疑問に思っていました。
原因はこの乳糖不耐症だったんですね。


<スポンサーリンク>




牛乳を飲み過ぎると太るの?

次は牛乳のカロリーを見ていきましょう。
200gあたりのカロリーは約140kcal前後です。
低脂肪乳だと少し低くて90kcalぐらいになります。

これが多いか少ないかを知るため
他の飲み物とカロリーを比べてみましょう。

コーラやジュースなどのカロリーは
200mlあたり90kcal前後です。

ビールだと200mlあたり約80kcal,
ワインは200mlで150kcal前後です。

ちなみにご飯1杯分のカロリーが250kcalなので
コップ1杯の牛乳はお茶碗3分の2くらいのご飯と
同じカロリーということになります。

こうして見ていくと牛乳のカロリーは
他の飲み物よりちょっと高めと言えるでしょう。

しかも牛乳の成分を細かく見てみると
カロリーの約半分を脂質が占めています。

そのため必要以上に牛乳を飲むと
カロリーオーバーになる可能性もあります。

特に私たち日本人には
乳糖不耐症の問題もありますので
飲み過ぎには注意が必要です。

しかしこれは牛乳に限ったことではなく
すべての食品に言えることです。

「完全栄養食」と言われる牛乳。
適量を毎日飲み続けることで
健康なカラダを維持していきましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑