Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

味噌汁に入れる味噌の量は一人分大さじ1が目安

公開日: 

味噌汁に入れる味噌の量は一人分大さじ1が目安

味噌汁に入れるお味噌の量ですが
一人分あたり大さじ1杯が標準的な量です。

この場合の一人分とは水200ml,
大さじ1杯は18g程度と考えてください。

ですから例えば4人分作る時の味噌の量は
18g×4人=112gとなります。

このように一人分の味噌の量を覚えておけば
作る量が増えてもすぐ計算できますよね。

そこで気になるのが塩分の量です。
味噌汁というといかにも塩分が高そうな感じで
血圧の高い人にはちょっと心配だと思います。

政府が発表している食生活指針によると
一日の塩分摂取量の目安は10g以下となっています。

さて味噌に含まれる実際の塩分ですが
100g中に約10gというのがが標準的な量です。

つまり味噌に含まれる塩分は
味噌の重さの約10分の1と考えてください。

一人分の量にあたり大さじ1は18gなので
含まれる塩分は約1.8gとなります。

これが多いか少ないかということですが
他の食品の塩分量と比べてみましょう。

・食パン1枚あたりの塩分量は約0.6g,
・トマトジュース1缶だと約1.4g,
・ラーメン1杯だと6.5g

味噌汁1杯の塩分量は1.8gですので
トマトジュースよりもちょっと多いくらい。
ラーメンに比べればずっと少ないです。

仮に一日に味噌汁を2杯飲んだとしても
塩分摂取量は3.6g程度です。

しかも最近の味噌は減塩されたものも多く
塩分摂取量はさらに少なくなります。

こうして考えてみると味噌汁の塩分について
それほど心配する必要はないと言っていいでしょう。


<スポンサーリンク>




味噌汁の塩分摂取をさらに減らす方法

健康な人にとって一日1~2杯の味噌汁の塩分量は
さほど気にする必要はないことがわかりました。

でも血圧が高い人にとっては
塩分摂取量は少ないに超したことはありません。

そこでオススメしたいのが
味噌汁に入れる具の選び方を工夫して
塩分の吸収を抑えるという方法です。

その方法というのは
カリウムを多く含む食材を
味噌汁の具にするというものです。

カリウムは“ナトリウムポンプ”とも呼ばれ
体の中のナトリウム(塩分)を排出する働きがあります。

血液中のナトリウム量が下がさば
それに応じて血圧も下がります。

仮に塩分を多く摂りすぎても
カリウムをしっかり摂取することで塩分を排出し,
血圧を下げることができるのです。

カリウムを多く含んでいて
味噌汁の具に使える食材には
次のようなものがあります。

・こんぶ, ワカメ,ひじきなどの海藻類
・干ししいたけや乾燥きくらげなどのきのこ類
・切り干し大根,とうがらし,かんぴょう,モロヘイヤ,ほうれん草
・煮干し,かつおぶし

これらの食材の中で
特にカリウム含有量が多いのが切り干し大根
歯ごたえもあるので味噌汁の具にイチオシです。

また味噌汁の具には使えませんが
カリウムを豊富に含む食材には
次のようなものがあります。

するめ, きな粉, のり, ナッツ類, パセリ, 抹茶

ここで特に注目したいのが抹茶
カリウムの含有量は切り干し大根とほぼ同じです。

抹茶にカリウムが多いなんて
私もこの記事を書いていて初めて知りました。

ちなみに私は抹茶が大大大好きで
一日に2リットルくらい飲んでいます。

私はまもなく60歳になりますが
血圧は上が110前後,下が70前後で安定しています。
抹茶のカリウムのおかげかもしれませんね。

塩分摂取による高血圧が気になる人は
カリウムの多い食材を多めに摂るように
心がけましょう。


<スポンサーリンク>




味噌汁ワンランクアップ術

最後の章ではちょっとした工夫で
味噌汁の味をワンランクアップさせる裏技を
ご紹介したいと思います。

一つ目のポイントは“デッチ切る”ことです。
この言葉を初めて聞く人も多いと思いますが
日本料理の隠語で「練り込む」という意味です。

味噌にある材料を練り込んでおくことで
味をワンランクアップさせることができます。

その材料というのが鰹節(かつおぶし)
細かく切った昆布です。

この2つを味噌に練り込んでおくことで
鰹節と昆布のダシの旨みが加わるため
味わいがグ~ンと深まります。

この場合はダシを取るのではなく練り込むので
“デッチ切る”という表現が使われるのです。

そして2つめの裏技が“追いがつお”です。
おたまの中で味噌を溶くときに鰹節を再び
ひとつかみ程度加えるのです。

こうすることでさらに味わいに深みが増し
料亭で食べるようなおいしい味噌汁ができます。

普段は市販のダシで済ませているあなた。
たまにはひと手間よけいにかけて
料亭の味に迫ってみるのもいいかもしれませんね!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑