Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ace203/axis725.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

あんこう鍋のレシピ 人気は味噌や醤油,ポン酢など プロの味を簡単に!

公開日:  最終更新日:2017/09/22

あんこう鍋のレシピが人気ですが…

あんこうは海の深い所に住んでいるので
海魚でありながら泥臭い感じがあります。

魚の中ではちょっと癖があるので
そのまま鍋に入れると生臭くなってしまいます。

新鮮なアンコウはそれほど臭くありませんが
スーパーなどで売っているアンコウの切り身だと
鮮度が落ちて臭みが増している場合もあります。

そんなあんこうを少しでも美味しく食べたくて
あんこう鍋のレシピを検索する人が多いんですが
意外とその情報が少ないんですよね~。

そこでこちらのページでは
アンコウを美味しく食べるレシピを
ご紹介したいと思います。

よくやってしまう一番の失敗は
最初から鍋に生のあんこうを入れてしまうこと。

あんこうというのはデリケートな食材で
鮮度がちょっとでも落ちると
すぐに臭みが増してしまいます。

そのため生のあんこうをそのまま鍋に入れると
臭みがほかの食材にも移ってしまいます。

そこで大切になってくるのが下処理です。
事前に処理を行い、臭みを取っておきましょう。

下処理といってもやり方は簡単。
アンコウの切り身にお酒と塩を少し振って
30分程度放置します。

お鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ,
そこにあんこうをササッとくぐらせます。

ここは短時間で手際よく行ってください。
時間をかけすぎると旨みが鍋のお湯の中に
溶け出してしまいます。

表面が白くなったら取り出して
ザルなどに上げて水洗いしヌメリを取ります。

この処理を行うことで生臭さが軽減し
食べやすくなります。

またアンキモを最初に炒めるのもオススメ。
肉がキュッと締まって食べやすくなります。

事前にあん肝を蒸すのもオススメです。
モッチリふわふわした食感が味わえます。

蒸したものを冷凍すれば
長期保存もできるので一石二鳥です。


<スポンサーリンク>




あんこう鍋のレシピ 「とも味噌」がオススメ

あんこう鍋レシピのオススメは
「とも味噌」と呼ばれる味付けの方法です。

やり方は超簡単でフードプロセッサの中に
肝50グラムと味噌を加えてよく混ぜるだけ。

これを煮立った鍋の煮汁で伸ばして
なべに加えるとと~ってもおいしいです。

あとから鍋に入れる肝は
煮すぎるとボロボロになってしまうので
食べる直前にサッと火を通すくらいで十分。

野菜やキノコが煮えてきたら
いちばん最後にあんこうを入れて
一煮立ちさせてから食べるようにしましょう。

あんこうはコラーゲンが豊富なので
美肌効果も期待できます。

煮汁には亜鉛や銅,ミネラルも豊富で
体にいい成分がたくさん含まれています。

残った汁は捨てずにうどんや御飯を入れて
最後までしっかり頂くようにしましょう。


<スポンサーリンク>




あんこう鍋のレシピ 醤油味もオススメ

あんこう鍋は味噌だけでなく
醤油味で食べるのもオススメです。

1.5リットル位の水を沸騰させたら
そこに薄口醤油100cc, みりん100ccを加えます。

イメージとしては“薄めのすき焼き”
という感じでしょうか。

野菜や豆腐,シイタケなどを入れて煮込み,
最後にアンコウを入れます。

いっしょに入れると美味しいのは
白菜,シイタケ,ニンジン,春菊, 豆腐,
みつば, ネギなどです。

鍋の残り汁はコラーゲンたっぷりなので
そのまま捨ててしまうのはもったいないです。

翌日,炊き込み御飯などに使えば
また違った美味しさを味わうことができます。


<スポンサーリンク>




あんこう鍋のレシピ プロはアンコウだけで勝負!

プロの作る本格的なあんこう鍋は
出汁も水も入れません。アンコウだけで勝負します。

身から出た水分と肝の味だけで
肉,尾,ヒレ,皮,内蔵などを味わいます。

そのためアンコウは鮮度のよいものを
厳選して使っているそうです。

その一つが「どぶ汁」というレシピです。
本格的なアンコウ鍋で水や出し汁は一切加えず
アンコウと野菜から出た水分だけで調理します。

新鮮なアンコウの身がたくさん手に入った時に
ぜひ試していただきたい調理法です。

やり方は簡単で,最初に少量のあん肝に
酒粕や味噌を入れてすりつぶしておきます。

鍋にアンコウの身や肝,野菜,豆腐などを入れ
そこに肝と味噌をあえたものを入れて火を通します。

アンコウの身は水分が多いので
野菜と一緒に入れると見る見るうちに
水分が鍋の中に出てきます。

こう書くといかにも簡単そうですが
一番のポイントはアンコウの量と鮮度です。

アンコウの量が多くないと水が不足します。
またアンコウの鮮度がよくないと臭みが増します。

スーパーなどで売られているアンコウは
鮮度が落ちている場合があるので注意が必要です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑