野菜の50度洗いでレタスの保存もバッチリ 温度計なしでも大丈夫!

公開日: 

野菜の50度洗いでレタスもシャキシャキに

こんにちは。
今日は野菜をおいしく食べるための
ちょっとした裏技をお伝えしたいと思います。

「レタスを買ってきたのを忘れて
冷蔵庫の野菜室に入れっぱなしにしておいたら
葉がしなしなになっちゃった…」

あなたもこういう経験をしたことが
何度かあるのではないでしょうか。

そんな“しなしなレタス”を
獲れたての新鮮なシャキッとした状態に戻せる
スペシャルな方法をご紹介しましょう。

やり方は超カンタン。
50℃のお湯で野菜を洗うだけです。

たったこれだけで
クタっとなっていた野菜がシャキシャキっと
とれたての新鮮な状態に戻ります。

「え~~? 葉っぱをお湯につけたら,
しなっとなっちゃうんじゃないですか?」

そんな疑問をお持ちのあなた。
よけいな心配はご無用ですっ!o(^o^)o!
ほんとなんですから!


<スポンサーリンク>




50度洗いは温度計なしでもOK

ではこの50度洗いの具体的な手順を
さっそくチェックしていきましょう。

まず50℃のお湯を作る方法ですが
沸騰したお湯と水を半々ぐらいに混ぜるだけでOK。
とってもカンタンでしょ?

もちろん専用の温度計があれば
正確に50度のお湯を作ることができます。

この温度設定は,か~~なり大切なので
しっかりと行ってくださいね!

このお湯に野菜を浸してササッと洗います。
時間にして10秒~20秒程度で手早く済ませます。

その後1分~2分程度,
野菜をこのお湯につけておきます

浸す時間の目安ですが,水菜や大葉など
葉っぱが少ないは物の場合は10秒から20秒程度でOK。

ほうれん草やサニーレタスの束,
レタス,キャベツなどを半分に切ったものなどは
1分~2分程度ひたしておきます。

その後,浸した野菜を取り出し
水分を拭き取ってそのまま放置します。
しばらくおくとシャキッとしてきます


<スポンサーリンク>




50度洗いでレタスの保存もバッチリ

なぜこれだけで葉っぱが
シャキッとするのでしょうか。

その秘密は「熱ショック」にあります。
熱でショックを受けた葉が水を吸い込んで
新鮮な状態に戻るのです。

野菜というのは収穫したあと,
葉からどんどん水分が抜けていきます

そのときに葉の水分量を調節するのが
葉の裏側にある「気孔」という部分。

中学校の理科で習った言葉なので
覚えている人も多いと思います。

この「気孔」が呼吸をすることで
葉の水分量を調節しています。

この気孔は収穫後に閉じてしまうのですが
50℃のお湯を加えることでショックで口が開きます。

そうすると失っていた水分を気孔が吸収して
葉全体が再びみずみずしくなるというわけです。

気孔にショックを与えて口を開かせ
そこから水分を吸収させることで葉を蘇らせる。

これが50℃洗いの秘密だったのです。

50℃洗いをするタイミングですが
買ってきた野菜を冷蔵庫にしまう前に行うのがベスト。

例えばサニーレタスを半分に切り
50度洗いして冷蔵庫に入れておいたものと
何もしないでそのまま冷蔵庫入れたものと比べると
5日後には大きな違いが出てきています。

何もしないほうは芯のあたりが茶色くなってきますが
50℃洗いした方はいつまでもみずみずしい状態を保っています。

ただ,しおれてしまった場合でも
食べる前に50℃洗いをすることで
ある程度までは復活させることができます。

このように50℃洗いは野菜の長期保存にも
大きな効果を発揮します。

50℃洗いをすることで食感もよくなり
長期保存もできるという一石二鳥の方法。
ぜひ試してみてくださいっ。

ちなみに50度洗いを初めて発見したのは
平山一松さんという人だそうです。

なぜ50度なのかということですが
これより低い温度だと雑菌が繁殖しやすくなり
これより高い温度だと葉っぱが煮えてしまいます。

そのちょうど中間が50度ということで
最も高い効果が得られる温度なのです。

またこの50度洗いは野菜だけでなく
あさりやバナナ,肉,魚などにも効果があります。

最後におすすめの温度計を紹介しますので
ぜひチャレンジしてみてくださいっ!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑